介護保険の申請のステップ

介護保険制度の概要
介護保険について
介護保険は、40歳以上の国民で保険料を出し合って、介護を必要としている高齢者を社会全体で支え合う仕組みとして作られた制度です。
一部の費用を負担することで、必要な介護度合い(要介護度)に応じて決まった金額以内で介護サービスを受けられます。
訪問看護や介護・またデイサービスなどのサービスのご利用には介護保険の認定が必要です。
申請する
市区町村に要介護認定を申請し、要支援1~2、要介護1~5のいずれかの認定を受けてください。
訪問調査
お身体の状況を調べるために、自治体より専門の調査人が本人と家族などを訪問し、日常の行動や状況について聞き取り調査を行います。
また、治療中の疾病などについては掛かり付け医にお問い合わせをして病状などの詳細を調査いたします。
要介護認定
● 認定 介護を必要とする度合(要介護状態区分)が認定されます。
● 認定結果の通知原則として申請から30日以内に、自治体から認定結果が通知されます。
利用できるサービス
● 要支援1・2の人 介護予防サービスを利用
● 要介護1〜5の人 介護サービスを利用
● 非該当の人 市町村の介護予防事業を利用
サービス利用の申し込み
下記へお問い合わせください。
 フリーコール 0800-200-2573